1. HOME
  2. ラスターベクター変換
  3. WiseImage&漢字OCR 変換作業

WiseImage&漢字OCRによるラスターベクター変換作業内容

ラスターデータをベクターデータへ変換する作業方法としてはラスターデータのオブジ ェクトひとつひとつ選択して変換を行なう「トレース変換」と、
ラスターデータ全体をパラメータ(線・円・ポリライン・ハッチング・アウトライン・テキストなどの線幅、線種、文字高さの認識レベル) を設定し「一括変換」する二つの作業方法があります。
当社では基本的には「一括変換」方法によるベクター変換作業を下記の作業内容で行ないます。

  1. 一括変換
    図形・文字すべてが線分、円、ポリラインのベクター変換
  2. 一括変換+置換文字変換
    図形は線分、円、ポリラインへの一括ベクター変換
    ラスター文字部分はOCRによるテキストへ変換


一括変換 文字・数字も一種類の線として図面全体を一括してベクター変換致します(文字や数字は、テキストとして認識しません。)

図面やスキャニングしたラスターデータの状態によってベクター変換前にラスターイメージ上で補正(水平補正又は4点補正)作業を行ないます。

ゴミ取り補正と「線分・円と円弧・ポリライン・ハッチング・アウトライン」 の認識設定と「線分・円と円弧・ポリライン」の線種設定作業を行ないますが原稿及び、原図全体に行なうことになりますので、ラスターイメージの状態をみて設定の有無や補正度合いを判断し作業します。

※ 原稿及びラスターイメージの状態によっては変換の精度を保つ為、線種を実線のみの設定で変換を進める場合がありますのでご了承下さい。

図面・原稿をお預かり後1~3日後に発送又は、メールの添付データとしてお送りします
又、多数枚のご依頼や多忙時期は納期が掛かる場合が有りますので、ご依頼の前にお問い合せして頂き納 期をご確確認下さい。
一括変換+置換文字変換 ・図形は一括してベクター変換し、文字・数字は文字領域ごとに、テキストデータに変換致します。

・図面やスキャニングしたラスターデータの状態によってベクター変換前にラスターイメージ上で補正(水平補正又は4点補正)作業を行ないます。

・ゴミ取り補正と「線分・円と円弧・ポリライン・ハッチング・アウトライン」の認識設定と「線分・円と円弧・ポリライン」の線種設定と線幅設定を3種類まで設定し、レイヤーごと変換致します。
但し、図面によっては線幅を3種類に分けても設定どおり変換ならない場合が有りますのでその場合は1~2種類のレイヤー分けになります。 原稿及び、原図全体に行なうことになりますので、ラスターイメージの状態をみて設定の有無や補正度合いを判断し作業します。

・文字変換は、OCRの変換になりますが変換の精度を高める為に「漢字・ひらがな・カタカナ」と「英数字」を分けて文字領域ごとに変換を行ない線分のレイヤーとは別にテキストレイヤーとして格納します。変換後のテキストのフォントはMSゴシック又はMS明朝体になります。又、縦書き文字の場合は文字方向90度回転の横書きに変換になります。

・手書き文字に対しては文字変換はできませんのでご了承下さい。

・文字の高さ2mm以下の文字と15mm以上の文字は認識しませんのでベクター線分での変換になりますのでご了承下さい。

・図形と重なった文字に対しては図形を優先して変換をする場合がありますので文字変換を行なわない場合がありますのでご了承下さい。
文字の誤変換や文字として認識せず無変換となる箇所がでてくる場合がありますのでが、お客様ご自身でベクターデータ受取り後に文字修正及び編集を行なって頂く事となります。

※ 基本的に当社で文字修正を行なわずOCRで認識した変換結果のテキストのままの納品になります。又、当社での文字修正をご希望の場合は作業料金として1時間 2,500円(税別)の別途料金が掛かります。

図面・原稿をお預かり後1週間以内に発送又は、メールの添付データとしてお送りします
但し、平面図、地形図などの地図は変換作業が多く掛かりますので納期が延びる場合が有ります。
お急ぎの方は一括変換をお奨めします。
又、多数枚のご依頼や多忙時期は納期が掛かる場合が有りますので、ご依頼の前にお問い合せして頂き納 期をご確確認下さい。


ラスターベクター




ページのトップへ戻る