1. HOME
  2. スキャニングサービス
  3. スキャン データ格納

スキャン データ格納

スキャニングサービスでは以下の仕様からスキャニング出来ますのでご指示ください。

入力モード→フルカラー・256色・16色・グレースケール・白黒2値
解像度は100dpi~800dpi (目盛り100)から
ファイル形式
 白黒2値→Tiff 非圧縮・Tiff G4圧縮・Tiff G3圧縮
 フルカラー・グレースケ-ル→Tiff 非圧縮・JPEG・BMP・PDFから


TIFF形式
スキャニング TIFF
一般的に紙図面をスキャニングする時に多く利用されている形式です。
電子化した図面をプリントして使用したり、CADに取り込んで再利用したりする場合良好な画質の品質で利 用できます。
尚 TIFF形式の中には非圧縮・G3形式・G4形式が有ります。
TIFF
非圧縮
形式
データを圧縮せずスキャナーで読み込んだスキャニングデータを保存できます。
圧縮による画質の品質の低下はありませんがファイル容量が多くなりサーバーやPCのHDDへの保存スペースやバックアップ用のメディア(DVD-Rなど)多く必要となります。
TIFF
G3形式
スキャナーで白黒2値で読み込んだ場合にスキャニングデータを圧縮して保存する為ファイ ル容量を少なくすることができます。
又、圧縮による画質の低下もなくサーバーやPCのHDDへの保存スペースへより多くのデータを保存ができます。
TIFF
G4形式
G3形式同様白黒2値でのファイル形式 でG3形式より高圧縮でファイルを保存できる形式です。
G3形式より容量を少なくできますが画 質はG3形式よりは落ちます。
JPEG形式
スキャニング JPEG
フルカラーのデータを取り込むのに多く使われている形式です。
このJPEG形式はTIFFの非圧縮形式に比べてファイル容量を少なくでき、取り込み時に圧縮率を任意に設定出来ます。
圧縮を高くするほどフアイル容量を少なくできますが比例して画質は低下します。
又、JPEG形式で保存したデータを利用し編集・加工した場合は、そのデータを保存する度に画質が低下(劣化)します。
BMP形式
スキャニング BMP
白黒2値からフルカラーのデータ取り込むことができる形式です。
このBMP形式はWindows標準のイメージファイル形式ですがTIFF非圧縮形式と同様にデータの圧縮はされませんのでファイルの容量は大きくなります。
PDF形式
スキャニング PDF
主に文書・画像データに使われている形式です。
このPDF形式は取り込み時にフォントの埋め込みや画像の品質など細かく設定でき適正なデータの圧縮が出 来る為PCの環境に問わず、文書や画像データのレイアウトを忠実に表示が出来ます。
このPDF形式のファイルを見るにはadobe AcrobatやAdobe Reader(無償配布)が必要になります。
又、紙文書など画像として取り込んだ場合でもOCRにより透明テキスト重ねて埋め込んで文字やキーワドの検索をできるようにできます。
図面をPDF形式で取り込むと閲覧や検索に便利ですがCADへの取り込みや加工は出来ません 閲覧や内容の確認用とする場合以外は活用しにくいファイル形式です。




ページのトップへ戻る