1. HOME
  2. 作業 金文字押し

金文字押し

図面製本は(契約書・竣工図・完成図・確認申請書)など必要最低部数を製作する製本です。
文字を含みスピード納期を要求される製本でも有ります。
この製本の少量部数の文字押しを手動箔押し機で行っております。
台紙である表紙の上に→箔を置き→熱を加えた活字を押し付け→文字を抜く

★明朝体活字
・ 初号(15mm)→A2・A3判の完成図、竣工図etcの表題に使用
・ 1号(9.5mm)→A2・A3判の施工者工事名etcとA4判の表題に使用
・ 2号(7.5mm)→A4判の施工者、工事名、背表紙etcに使用
・ 3号(5.5mm)→背表紙・工期etcに使用

4種類の活字の大きさを組み合わせ、箔の種類を変えることにより金文字・白文字・黒文字を製作致します。






金文字
活字取り
金文字金文字
コミ(活字のスペース)
金文字金文字
文字の長さを決める
金文字
金文字
活字を抜く
金文字金文字
箔を置き圧搾
金文字金文字
活字押機に乗せる(電熱)
金文字
金文字
完 成
金文字
金、白、黒箔




ページのトップへ戻る